クレジットカードのリボ払いと分割払いの違いについて

クレジットカードには主に一括払い・分割払い・リボ払いの三通りの支払い方法があります。一括払いは文字通り商品代金の全額を一度で支払ってしまうことですが、リボ払いと分割払いの違いを把握されていない方も居られます。この二つの支払方法は全く異なりますし、最終的な総支払額も違って来ますので、はっきりと認識しておくことが重要です。まずリボ払いとは、商品代金に拘らず毎月一定額を支払って行く方法です。例えば50,000円の商品を購入した場合、利息を含めて毎月5,000円だけを支払って行きます。その二ヵ月後に別の商品を30,000円で購入したとしても、毎月の支払額は5,000円のままです。ただし支払い残高は70,000円に増えましたので、支払い終えるまでの期間が長くなります。一方、分割払いは商品代金を指定の回数で分割しますので、商品代金によって毎月の支払額が変わります。例えば50,000円の商品を10回払いで購入した場合の月々の返済額は5,000円と手数料です。そして二ヵ月後に30,000円の商品を6回払いで購入した場合の月々の支払額は5,000円と手数料になりますので、二つの商品の月々の支払額は10,000円と手数料となります。この二つの支払い方法の違いを見てみると、月々の支払額が少なくて済むリボ払いの方が消費者にとってはお得に感じますが、月々の支払額が少ないと言うことは完済までの期間が長くなるということですので、その分の利息負担を大きくなってしまいます。利息の負担が大きいと言うことは、最終的な総支払額が多くなると言うことです。もし支払額が多くなってお金に困ったとき主婦がお金借りるなら【主婦向けレディースカードローン委員会】を参考にしてみると良いでしょう。

クレジットカードのリボ払いの金利について

クレジットカードは現金を持たずに買い物が出来る便利なカードですが、更に便利な点として購入代金を分割で支払うことが出来ます。現金で購入する場合は購入時に全額を支払わなければいけませんが、クレジットカードでしたら高額な商品でも月々の支払額を抑えることが出来ます。分割で支払う方法は、分割払いとリボ払いがあります。分割払いは、商品代金を指定の回数で割って、毎月支払って行きます。リボ払いは、購入代金に拘らず一定額を毎月支払います。リボ払いの支払額はカード会社によって多少異なりますが、多くの場合3,000円や5,000円などきりのいい金額に設定されています。この月々の支払額には、商品代金だけでなく利息も含まれています。リボ払いの金利は凡そ15%から18%程度に設定されているケースが多いです。この金利設定は分割払いの金利よりも若干高めです。利息は利用残高に対してかかってきますので、最初の頃は支払額に占める利息の割合が大きいです。その為、最初の頃は借入残高の減るスピードが遅いですが、支払を続けて行くにつれて借入残高の返済スピードが速くなります。ただしリボ払いは返済中に別の商品を購入したとしても月々の支払額は変わりませんので、つい使ってしまいがちです。そうしますと、再び借入残高が増えますので支払額に占める利息の割合が大きくなり、借入残高の返済スピードが遅くなります。これを繰り返していくと延々と支払が続くことになり、利息負担が大きくなってしまいますので、計画的に利用することが大切です。

リボ払いの利息と元本返済額の計算方法

クレジットカードのリボ払いは、どれだけ高額な商品を購入したとしても、月々の返済額を一定額に抑えることが出来るメリットがあります。ただし毎月の返済額は利息も含めて3,000円や5,000円に設定されていますので、どれだけ返済が進んでいるのか把握しづらい面もあります。毎月の返済負担が少なくてお得と思っていても、意外に利息負担が大きくなってしまっているケースもありますので、どれだけ返済が進んでいるのか、あるいはいつ完済出来るのか把握しておくことが大切です。ますはリボ払いの返済額に占める元本と利息の計算方法を確認しておくことが必要です。例えば100,000万円の商品をリボ払いで購入して弁済額は5,000円で金利を15%とした場合は、初回の返済額5,000円の内利息の支払が1,233円で元本の返済が3,767円となります。2回目の返済額5,000円に占める利息の支払額は1,186円で元本の返済額は3,814円となります。このように支払回数が増えるにつれて、利息の負担額が少なくなって元本の返済額が大きくなります。利息の計算方法としては、商品代金100,000円に金利15%をかけて、それを365日で割って利用日数を掛けて利息額を導き出します。そして元本の返済額の計算方法は、毎月の弁済額の5,000円から利息の支払額を差し引いて求めることが出来ます。このようにして毎月の元本と利息の支払額を把握しておくことが大切です。

クレジットカードのリボ払いのデメリットについて

クレジットカードは現金を持たずに買い物が出来る便利なカードですので、所持している方も多いです。購入時には現金を支払わずに、カード会社が販売店に対して立替払いをしますので、後日カード会社から請求が来てクレジットカードの利用代金を支払うシステムになっています。クレジットカードで支払うメリットとしては、分割払いやリボ払いが選択出来ることです。現金で支払う場合は当然ながら商品代金全額を支払う必要がありますが、クレジットカードで支払えば月々の負担を抑えることが出来ます。リボ払いとは商品の購入代金に拘らず、毎月一定額を支払う方法です。3,000円や5,000円などカード会社が指定する金額の中から希望の支払額を選択して、毎月支払っていきます。リボ払いのメリットとしては、どれだけ高額な商品を購入したとしても、月々の返済額を数千円などに抑えられることです。分割払いの場合は、商品代金が高ければそれだけ分割後の支払額も高くなりますが、リボ払いの月々の支払額は商品代金に左右されません。しかしデメリットとなる点もあります。最も大きなデメリットは、総支払額が多くなってしまうことです。毎月の支払額の中には利息も含まれていますので、最初の頃は支払額に占める利息の割合が大きいです。その為、支払を続けていたとしても思ったほど元本が減っていないこともあります。また繰り返しリボ払いを利用することによって、現在支払っている分がどの商品の代金が分かりづらい面もあります。いつ支払が終わって、最終的にどれくらいの金額を負担すれば良いのか分からなくなってしまうこともデメリットの一因です。

クレジットカードのリボ払いの弁済金とは

クレジットカードは一括払いの他にも、分割払いやリボ払いを支払い方法として選択することが出来ます。リボ払いはクレジットカードで購入した商品代金に拘らず、毎月一定の弁済金を支払っていく方法です。弁済金とは、クレジットカード会社によって決められた毎月の返済金額のことです。カード会社によって5,000円に設定されていたり、3,000円や5,000円の中から希望の金額を選択出来る場合もあります。また、弁済金とは商品の購入代金に拘らず一定ですが、利用残高が一定額を超えることによって、弁済金も増額するようになっています。例えば3,000円のコースを選択した場合、借入残高が10万円以下の場合の弁済金額は3,000円ですが、借入残高が10万円を超えた場合は弁済金が6,000円になると言うことです。弁済金とは千円単位のケースが殆どですが、この中には利息も含まれています。利息は借入残高に対して発生しますので、最初の頃は弁済金に占める利息の割合が大きくて、毎月返済を続けていても意外に借入残高が減っていないケースも多々あります。返済を進めて行くと弁済金に占める元本の割合が大きくなりますので、借入残高の返済スピードも上がって行きます。またリボ払いの弁済金は繰り返し利用したとしても変わりませんので、現在支払っている弁済金がどの商品の分かと言うことが把握しづらいです。リボ払いを何度利用しても月々の返済額は増えませんが、借入残高が増えるほど返済期間が長引きますのでその分利息負担が大きくなってしまいます。